So-net無料ブログ作成
検索選択
window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,6401b02d'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pta.js'; var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.async = true; stag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pts.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(atag, s);s.parentNode.insertBefore(stag, s); })();

結局圧力鍋はどれがいいの!?俺ならコレ選ぶね! [こだわり調理器具]

皆さんこんにちは。

そういえば当ブログにもちょくちょく登場する圧力鍋ですが、
持っていない方も多いのでは?

圧力鍋って何がいいのかよくわかんないし、
選ぶとしてもどのメーカーがいいのかチンプンカンプン!
結局ホームセンターで安物を買いました!えへへ。なーんて事にならないように
メリット、デメリットなどを総合的に見て、これやで!っていうのを語っていきたいと思います。

要するに、圧力鍋サイコー!俺のこだわりを聞いてくれ!って事です。
お時間があれば少々お付き合い下さい(;^_^A



そもそも圧力鍋とは何なの?


簡単に言うと圧力調整機構が付いた鍋のことです。
空気や液体が逃げないように密封した容器(鍋)を加熱し、大気圧以上の圧力を加えて(加圧)、
封入した液体の沸点を高めることで
食材を通常より高い温度と圧力の下で比較的短時間で調理できる調理器具なんですね。



圧力鍋って便利なの?使えるん?


主に煮物料理に大活躍します。

特に時間がかかるもの、例えば豚肉のブロック、牛すじ、豆(水で戻して火が通るまでが長いですよね)、
イワシやサンマの梅煮、サバの味噌煮(短時間で骨まで柔らかくなるから、骨抜きしなくて楽です)など。

大根やじゃがいも、ごぼう、レンコンとかもイケますが、電子レンジで簡単に火が通りますからね。

肉をトロトロに柔らかくしたい、魚の煮物を食べる時に骨を箸でチマチマ取り除くのがめんどくさい!
って言うんならもう圧力鍋しかないですね。

特に魚。骨まで柔らかくなるからそのまま口の中に放り込めますよ。
低カロリーで栄養豊富な魚料理、でも小骨が多くて食べづらい…ってことでなかなか作る気にならなかったのでは?


あとは玄米炊飯、パスタを時短で茹でれる、蒸すなど。
ちなみに圧力鍋でコメを炊くともっちもっちになります。
ラオスのカオニャオなんかもお手軽に再現(?ちょっと違うけど)出来ます。

赤ちゃん離乳食にも圧力鍋なら簡単にトロトロになりますよ。
適当に野菜を切って加圧して、最後にポテト用のマッシャー(金属製の方が滑らかに潰せます)などで
マッシュすれば楽ちんですねー。

例えばこういうのです↓
新越ワークス マッシャー 18-8ステンレス 日本製 31976
新越ワークス マッシャー 18-8ステンレス 日本製 31976



圧力鍋ってシューシュー言って怖くない?危なくない?


確かに。
高圧で調理するので蒸気がシューシュー言ってなんか怖いですね。
爆発した!っていう話も聞きます。

圧力鍋による事故の原因は、使用不備が約半数を占めているようです。
つまり、

●蓋をしっかりと締めていなかった

●ノズルの掃除不備

●粘度の高いものを入れた
(カレーやシチューのルー、豆など)

●深さの2/3以上の材料を入れた(入れすぎ)



なので安全対策として

●2010年に安全基準が厳しくなったので、なるべく最新型を選ぶ
●安価な外国製はやめとく(海外の安全基準と日本の安全基準は違います)
●深さの2/3以上は入れない(鍋の内側の線以上入れない)
●トロみをつける場合は加圧した後で
●豆を煮る時は注意!(あれ?いつも僕は豆を煮てますが別に危なくないけど…でも一応注意!)
●こういう使い方して大丈夫かな?と思ったらまず説明書を読む。ネットで調べる。

このくらい守っておけば大丈夫そうですね。
もう圧力鍋も5年以上使ってますが、危ない!と思ったこと一度もないですよ。

シューシュー言うのが嫌ならスプリング式を買うという手もあります。
圧力鍋にはオモリ式とスプリング式の2種類があり、シューシュー言うのはおもり式なんですね。

でも逆に言えば只今圧力がかかってます!っていうのが音で分かるし、
静かだと鍋を火に掛けたのを忘れて他のことに夢中になり、鍋が爆発!ってことになりそうですよね。

とりあえずキッチンタイマーで安全対策するのをおすすめします。

AmyHomie キッチン/料理用タイマー 手巻きタイマー 卵型 ステンレス鋼製 電池不要 省エネ 時計回り 操作簡単プレゼント
AmyHomie キッチン/料理用タイマー 手巻きタイマー 卵型 ステンレス鋼製 電池不要 省エネ 時計回り 操作簡単プレゼント



圧力鍋のメーカーは?


日本のメーカーならパール金属、ワンダーシェフ、象印、アサヒ軽金属工業、鋳物屋、ルミナスプラス(ドウシシャ)、

海外ならビタクラフト、シリット、フィスラー、ティファール、ヴェーエムエフ(WMF)などがあるようですね。




結局圧力鍋はどれがいいの?


難しいですよね。
結局圧力鍋なんて一度買ったらそうそう買い換えるもんじゃないから、
他のレビューやユーザーの話も「自分はコレだけ使ってます!」だけで比較記事なんて書けないんですよね。

でも性能、コスパ、国産、アフターケア(経年劣化するパッキンなどの部品だけ交換すれば長持ちしますよ)などを
考えたらやっぱりワンダーシェフですよ。

日本最高クラスの圧力(140kpa・約126度)、国産、コスパ、オール熱源対応、
ステンレス・アルミ・ステンレスの底三層構造(アルミ鍋は熱が回りやすいがアルツハイマーになるって噂があるので。ステンとアルミのいいとこ取りですね)。

哺乳瓶などの圧力鍋除菌にも124度以上の高温高圧の力で、
通常の煮沸では除菌しにくい芽胞菌等の耐熱性を持つ菌も除菌出来るようなので子育てママさんにもバッチグー。


3L、5.5Lなどサイズも色々ありますが、深さの2/3以上入れられないのを考えるとやっぱ5.5Lがいいんじゃないか?
って思いますね。


魔法のクイック料理 両手圧力鍋 5.5L 【超高圧140kPa】 (蒸しす・浜田陽子の80レシピ本付き) AQDA55
魔法のクイック料理 両手圧力鍋 5.5L 【超高圧140kPa】 (蒸しす・浜田陽子の80レシピ本付き) AQDA55



一人暮らしなら5.5L(最高水位線/約3.6L)の限界まで料理を作れば一週間は大丈夫。
2〜4人家族なら多分2,3日分は調理出来そうです。

煮物やスープはドカッと作ったほうがおいしいし、二日目三日目の方が味が染みてうまいですもんね。

普通の煮物も完成後にフタをしてロックすれば密閉状態になるので、
熱が逃げにくい(味は温度が上昇する時より温度が下がる時のほうがよく染み込みます。更にゆっくり時間をかけて少しずつ温度が下がるほど味が染み込みます)ので美味しく出来ますよ。


もちろん加圧しなければ普通の鍋と同じなので、こういう専用ガラス蓋を使えば↓

ワンダーシェフ 【魔法のクイック料理 圧力鍋 5.5L・3.7L用】 強化ガラス蓋 22cm 600585
ワンダーシェフ 【魔法のクイック料理 圧力鍋 5.5L・3.7L用】 強化ガラス蓋 22cm 600585


今まで使ってた大小様々な鍋を捨てて、圧力鍋で兼用すれば台所もスッキリしていいですね。

ちなみに僕は一人暮らしですが、調理器具は
山田工業所の中華鍋(炒めものはコレ以外に代用できるものがないので仕方ない)、
土鍋(炊飯専用)、
圧力鍋、
お茶沸かし用のステンレス製ポット

このくらいです。

一人暮らしにしてはちょっと多いですね…


それとお玉ですが、もし中華鍋用のお玉を持ってても兼用せずにやっぱり専用にお玉を持っといた方がいいですね。

すくいやすい ステンレスお玉 33020
すくいやすい ステンレスお玉 33020


中華鍋のお玉は煮物をすくうのにはむいてません。使いづらいです。






まとめ



いかがでしたか?
いつかは俺も圧力鍋!って感じで参考にしてみて下さい。
個人的にはパスタの乾麺がモチモチに仕上がるのが地味にナイスですね。
オススメですよ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Google+

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。