So-net無料ブログ作成
検索選択
window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,6401b02d'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pta.js'; var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.async = true; stag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pts.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(atag, s);s.parentNode.insertBefore(stag, s); })();

鶏油(チーユ)ver.2 油にこだわれ!男なら! [自作調味料]

皆さんこんにちは。

以前ここで紹介したことのある鶏油(チーユ)ですが、どうにも納得できないのでver.2として
さらにこだわったものを紹介しようと思います。

別にそこまでせんでも…って言われそうですが、健康と美食を両立するのが僕流なので
いけるとこまでいってやろうと思います。




今までの鶏油の問題点は?


サラダ油ですね。
せっかく天然の良質な油を鳥皮から抽出するのに、ヘキサンやヘプタンなどの溶剤(要はシンナーですよ)の
残留が気になるオイルを使うのはどうなん?ってことです。

あと製造過程で何度も高温処理されるサラダ油には脳や細胞を破壊するヒドロキシノネナールが
発生し、アルツハイマー病の原因になっていることを国際ジャーナルや世界の学会で発表されたそうです。

それとサラダ油を製造している過程でトランス脂肪酸が発生します。
一時期話題になりましたよね。

ガン、糖尿病、高血圧、コレステロール疾患、心臓血管の病気、リウマチ、カンジタ症、アレルギー、うつ病、慢性疲労など様々な病気の原因にもなっています。

ちなみに僕の体感では、サラダ油の方が太りやすいような気がします。
あと胸焼けしますね。

そもそも油は酸化しやすい物質なので賞味期限が長いほうがおかしいんです。
食べるプラスチックのマーガリンやショートニングがヤバいということで避けている賢い人も多いでしょうが、
サラダ油もヤバいんですよ。


「そんな事気にしてたら何も食べられないじゃん!」って言われそうですが、
ヤバいと思った食べ物を避けるのは動物の本能です。

じゃあ何を使うの?と言うことですが、コスパを考えて生搾りのごま油ですね。

マルホン 太白胡麻油 700g
マルホン 太白胡麻油 700g

エキストラバージンオリーブオイルもいいんですが、
偽装が当たり前の業界だと色んな記事で目にするので怖くて買えませんね。

亜麻仁油やシソ油もいいんですが何せ高い!
庶民には手がとどきませんよコレは。

それか手絞りの菜種油もいいですね。

協同製油 国産菜種油 1650g
協同製油 国産菜種油 1650g



この辺をうまく使いながら生活したいもんですね。
油は体に必須の栄養ですから。

逆に油の摂取量が少ないと血液中に必要なコレステロールが不足し、血管はもろく切れやすくなります。
つまり脳卒中になっちゃうよってことです。




体に良い納得の鶏油の作り方は?


脱線しまくりでしたね。
それでは早速作りたいと思います。

材料
  • 鳥皮
  • 生搾りの油


さて、作り方は以前のものと同じです。

鍋を使って鶏油を作ろう!

まず鳥皮を細かく切ります。表側(ブツブツがある側)から刃を入れると切りやすいですよ。
個人的には細長く切るのをおすすめしますね。
それを鍋に入れて、油を入れます。量は鶏皮がひたひたに浸かるくらい。
中華鍋なら底が丸いから、傾けて油に完全に浸らせられますよ。
普通の鍋でも出来ますけどね。

さて、それではコンロに着火しましょう。
最初から弱火ですよ、温度が上がると箸や鍋にくっつきますから。
どの道くっつくんですけどね。
でもやりにくいから油が冷たいうちに鳥皮と油を混ぜる方法をオススメしますよ。

あとは弱火のままで、たまに箸で混ぜながら鳥皮から油が出てくるのを待ちます。
意外と時間がかかるので鶏肉料理をするとき、はじめに鶏油を作りながら
片手間で他の材料を切ったり準備をすれば時間の節約になりますよ。


あとは鳥皮がこんがりキツネ色になれば完成です。
鳥皮を取り出し、出来上がった鶏油を余ったジャムの容器などに移せば完成です。
例えばこんなのですね↓

保存容器 テーラーグラッド 保存びん 広口タイプ グリーン 380ml HW-536-JAN
保存容器 テーラーグラッド 保存びん 広口タイプ グリーン 380ml HW-536-JAN




中国流鶏油の作り方は?


せっかくなので中華で使う鶏油も作っておきますか。
ちなみに中国はピーナッツ油(花生油)が安くて一般的な食用油です。

ユウキ ピーナツ・オイル(花生油) 920g
ユウキ ピーナツ・オイル(花生油) 920g


家庭でもよく使われているので本格派で作りましょうかね。

材料
  • 鳥皮
  • 花生油
  • 生姜の千切り
  • ネギの3cm切り


作り方の大きな違いは特にありません。
鳥皮の表面がちょっと固まったかな?ぐらいのときに生姜、ネギを投入して
ネギの端が焦げたなーってとこで材料を取り出します。
ガラスの容器に入れる時は、熱々だとビンが割れるので、冷まして入れるといいですよ。




まとめ


ちゅうか買った方が早いと思うんですよ。ほらこれとか↓

富士食品工業 鶏油(チーユ) 700g
富士食品工業 鶏油(チーユ) 700g


個人的にはせっかく鶏油に興味を持ったんだから、そのまま中国の奥深い醤(ジャン)の世界にハマって下さい、
と言いたいトコですがね。

餃子を手作りして牛肉末豆鼓油辣椒と香醋で食ったら死ぬほど旨いんですよー。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Google+

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。