So-net無料ブログ作成
検索選択
window._pt_sp_2 = []; _pt_sp_2.push('setAccount,6401b02d'); var _protocol = (("https:" == document.location.protocol) ? " https://" : " http://"); (function() { var atag = document.createElement('script'); atag.type = 'text/javascript'; atag.async = true; atag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pta.js'; var stag = document.createElement('script'); stag.type = 'text/javascript'; stag.async = true; stag.src = _protocol + 'jsv2.ptengine.jp/pts.js'; var s = document.getElementsByTagName('script')[0]; s.parentNode.insertBefore(atag, s);s.parentNode.insertBefore(stag, s); })();

ラオスは最後の楽園なのか確かめてきた〈2014年12月29日から2015年1月4日まで〉 [旅行]

皆さんこんにちは。
2014年12月29日から2015年1月4日までラオスに行ってきたので
その様子を道中の写真を交えながらお伝えしようと思います。

今回カメラを持っていくのが面倒臭かったのでスマホでテキトーに撮ってます。
なので記事中の写真はわりとつまらないのを先に謝っておきます。
電化製品で持って行ったのは格安SIMのスマホ、ケータイ、充電器、電動歯ブラシだけです。
もうガイドブックも必要なかったから持って行ってません。
ラオスは結構テキトーで何とかなります。前回実感しました。)

何気に沈没者やリピーターも多いと聞くラオス。
果たしてラオスは旅人の最後の楽園足りえるのか?

結論から言いますね。
ラオスに2回行った僕の感想、というか印象は
おじいちゃんおばあちゃんの家が大好きな人はハマるだろうな。
ということです。

いきなり結論を言われてもわけわかんない人も多いでしょう、
それではQ&A形式で。

今までの旅行経験値で印象は変わる



まず他人の旅行体験を参考にして旅行計画を立てる上で絶対に相手のソコは確認しておかないと話になりません。
例えば初めて海外旅行に行った人の体験談をすれっからしの旅行者が聞いても
「初めてで楽しかったのはもう分かったから、もっと参考になりそうな情報が欲しいなぁ」
となっちゃいます。ありがちですね。

また、人間どうしても一番面白かった国と今回行った国とを無意識に比べてしまうものです。
ちなみに僕の場合はインドですね。

安心して下さい。
僕も人に話す以上は役立つ話が出来るよう努力します。




いちいちエラソーなんだよ。とっとと自己紹介したきゃしろ!


そうですね。サクッと今までの経緯でも。

2006年から2007年にかけてタイに1ヶ月、カンボジアに1ヶ月、インドに6ヶ月の合計8ヶ月行きました。
2010年に1ヶ月ラオスへ(ビエンチャン、バンビエン、ルアンプラバーン)。
そして今回2014年12月29日から2015年1月4日までラオスです(ビエンチャン、バンビエン)。
何気にリピーターです。自分でもビックリですよ。

ちなみに今回えらい張り切っちゃってます。だって普段なかなかこういう話出来ないじゃないですか。
余談ですがあなたは海外旅行に行った話って周りに言いますか?

言いにくいですよね。
行ったことないし興味もない人にウダウダ言っても相手の迷惑だし。
「海外旅行行けるほどお金貯めこんでるの?」って他人の財布を覗きこむようなマネをする人もいますから。


じゃあ海外旅行に行った者同士で話すか?っていうのもこれが案外メンドクサイ部分がありますよね。
世の中には自分よりも旅行経験が上(?自分でも書いてて意味わかんないんですけど)だと
「自慢された!」って思っちゃう人がいるようで。
こっちはただ相手の行った国が面白いかどうか、行くかどうか情報が欲しいだけなんですけど。
そういう人にうっかり話すとメンドクサい展開になりますね。

なので基本的には誰にも言えません。
どうでもいい部分で気分悪くなるのは誰だってイヤですよね。

だいたい今どき8ヶ月くらい大学生でも行ってますから。
海外旅行なんて何の自慢にもならない事は自分自身よく分かってますよ。



ラオスは安全なのか?



1.jpg


はい、基本的には安全です。
夜、一人で歩いてても緊張感がまるでない。(もちろん海外旅行での基本的な対策をした上でですよ?)
インドの都市部や観光地みたいに「夜出歩くと魔人が出るから、夜はヤバいよ。」みたいな事はないですね。

スリもないし、旅行者相手の詐欺師も見なかったです。(僕が出会わなかっただけかも)

余談ですがインドで日本人女子大生の監禁レイプ事件が起こったって最近ニュースでやってたじゃないですか。
へーインドの中でも観光地で起きた事件ね。でもなんで今さら?って思いましたよ。よく聞く話なのに。

タイとカンボジアの国境で詐欺師連中にホテルに見張り付きで軟禁されて1000ドルカツアゲされた
(まぁ値切って800ドルにしてもらいましたけど。軟禁された夜銃声みたいな破裂音が聞こえて怖かったなぁ)僕から言わせてもらうと、
基本的に観光地や駅、空港で英語や日本語ペラペラのヤツが寄って来たっていうシチュエーションだけでもう危険度レッドゾーンですよ。

僕の場合男だったからカネだけで済んだんですよ。女性の場合はカネ&カラダですからね。

まあ女子大生もいい経験になったんじゃないですか?高すぎる授業料でしたけどね。
かわいそうに。

だいたいテレビの旅行番組みたいなのの見過ぎですよ。
自分が日本でローカル側の立場だった時のことを思い返してみて下さい。
外国人旅行者に何の用事もないでしょ?
外国人旅行者にわざわざ相手の国の言葉を習得してまでして自分の生活や家を紹介しますか?
まず第一にコトバが分からないから親切にしようがないし。

そこを実感すれば日本語や英語ペラペラのローカルの胡散臭さに気がつくのは簡単ですよ。
なぜ実生活では何の役にも立たない言語をペラペラになるまで頑張って習得する必要があるんですか?
ビジネスに役立つからでしょ。収入に直結するからでしょう。

こっちがお金を払ってくれる可能性があるから、
自称ガイドやその他の胡散臭い外国人相手のビジネスマンが営業スマイルでビジネスチャンスを求めて
寄ってくるんだって気がつけばある程度危ない思いをしなくて済みますよ。


テレビ番組は作り物の話だけどこっちは現実ですから。
あれは上級者向けですよ。よっぽど相手を見極められる観察力を持ってないと出来ません。
海外とか日本とか関係なくどこの世界でもいいヤツもいれば悪いヤツもいますよ。

まあそれでも日本の詐欺の方がもっと巧妙で狡猾なんですけどね!アハハ!


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
Google+

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。